カリフラワーとブロッコリーの違い

カリフラワーはブロッコリーと似た形をしています。

これはカリフラワーとブロッコリーがアブラナ科の原種から同じように派生した変種であるためです。

言わば、カリフラワーとブロッコリーの関係は親戚のようなものです。

栄養面ではブロッコリーの方が優れていますが、調理のしやすさではカリフラワーの方が優れているとされています。

これは、両者に含まれているビタミンCが、ブロッコリーの方が多いためです。

ですが、ビタミンCは水溶性で水に溶けやすく、カリフラワーは茎が硬いためビタミンCの流出を防ぎ効率的に栄養が摂取しやすい利点が存在します。

また、カリフラワーの硬さは鮮度を落ちづらくするため、ブロッコリーより長持ちするのも理由の一つです。

カリフラワーはブロッコリーに比べて生産面では太陽の遮光作業があるため、ブロッコリーよりも手間がかかります。

また、ブロッコリーは一度収穫しても側花蕾を育てる事で複数回収穫できますが、カリフラワーは一度しか収穫できないため、収穫量では劣ります。

よく似たカリフラワーとブロッコリー、しかし、両者には一長一短の特徴があります。

その時に合った食材選びを心がけると良いでしょう。