カラフルカリフラワー

独特の食感と真っ白で食卓に彩りを与えてくれるカリフラワー。

最近は品種改良によって、赤や紫、オレンジのカリフラワーなどカラフルになって、更に食卓を華やかに彩り豊かにしてくれます。

しかし、カリフラワーを茹でてもアクが強かったり、色が変色してしまったりした方は意外といるのではないでしょうか?

ここでは、カリフラワーの見た目はそのまま綺麗に、素材の味を損なわないおいしい茹で方を紹介したいと思います。

まず、カリフラワーを小房に切り分けます。

沸騰させたお湯に塩と小麦粉を小さじ一杯分溶いたものを加えます。

塩だけで茹でた場合、アクが強くなり苦味が出て、色も変色してしまいます。

小麦粉を加えるとカリフラワーの表面に膜が出来るため、変色を防ぎ、カリフラワーの栄養がお湯に流出するのを防いでくれます。

また、小麦粉を加えた場合、茹で時間の短縮もできるためガス代の節約にもなります。

カリフラワーを上記の沸騰したお湯に加えた後、4分ほど茹でます。

食感が硬めの方がいい場合、2,3分で切り上げても良いでしょう。

カラフルなカリフラワーで、食卓を華やかにしてみては如何でしょうか?