栄養満点なカリフラワー

淡色野菜の一種であるカリフラワーは緑黄色野菜に比べて淡白な見た目をしていますが、それに反してとても栄養満点です。

昨今ではカリフラワーなど、アブラナ科の食物に含まれる辛味成分のイソチオシアネートにガンや動脈硬化の予防効果が発見され注目されています。

カリフラワーにはビタミンB1,B2、ビタミンCが多量に含まれています。

ビタミンB1は体のエネルギー生産を助け、疲労物質の蓄積を防ぎます。

B2は代謝の働きを助けてくれるため、B1と併せて疲労回復の効果があり、目や肌の健康を保ってくれます。

ビタミンCにいたってはミカンの倍以上含まれおり、ビタミンCの含有量は淡色野菜の中でも最も多い野菜の一つです。

また、老化抑制や美肌効果など様々な効能があることで有名なビタミンCですが、その効果を効果的に摂取するのは難しいです。

これはビタミンCは水溶性で水に溶けやすく、調理の過程などでその多くが失われてしまいやすいためです。

しかし、カリフラワーに含まれるビタミンCはカリフラワーの茎が硬いためこれがビタミンCの流出を防ぎ、効果的に摂取することができます。

このため、つぼみの部分よりも茎のほうがビタミンCは多いので、茎の部分も残さず調理しましょう。