カリフラワーでガン予防

カリフラワーに含まれるイソチオシアネート。

これは、アブラナ科の食物に含まれる辛味成分です。

わさびの鼻を突くような独特な香りや大根おろしの舌を刺すような辛味はこの成分が原因とないっています。

イソチオシアネートには消化を助け食欲を増進する効果があるとされてきました。

しかし、近年、ガンなどの異常細胞の増殖を抑える効果があることが発見され注目を浴びています。

このため『ガンを予防する12食品群』としてカリフラワーを含むアブラナ科の野菜も選ばれています。

カリフラワーには他にもビタミンと食物繊維が豊富で、カリウムも多く含まれています。

カリウムは体内に血栓を作るのを防ぎ血液をサラサラにするため、動脈硬化を防ぐ効果もあります。

またビタミンは体の免疫力を高め、食物繊維はコレステロールの吸収を抑制し大腸の働きを促します。

これらのことからカリフラワーは特に食道や大腸のガン予防に効果的とされています。

健康的な体作りのために、食卓にカリフラワーは如何でしょうか?