カリフラワーの育て方

昨今、節約、節電、エコが叫ばれてる中、グリーンカーテンを代表する家庭菜園を行ってる方も少なくないのではないでしょうか?

家庭菜園でカリフラワーを育ててみるのはいかがでしょう?

カリフラワーはキャベツ等の仲間でアブラナ科の一種で11月から2月頃が旬の野菜です。

種蒔きは7月に蒔く秋蒔きが害虫の被害が少なく育てやすいでしょう。

苗の定植は8月下旬から9月上旬頃までに行います。

カリフラワーは日当たりの良い立地とたっぷりと栄養満点の土と肥料、そして水遣りを欠かさずにしなければなりません。

植え付けから70日ごろ経ち、花蕾が見え出したら葉を紐でくくりつけ太陽の光から遮光しましょう。

遮光することによって2週間ほどで真っ白で食べごろなカリフラワーになります。

淡色野菜の中でもカリフラワーは特に栄養満点でビタミン、カリウムをはじめ、発ガン予防効果もあります。

カリフラワーは冬の定番メニューのシチューなどにも合うため、寒い日に備えてカリフラワーを育ててみては如何でしょうか?