カリフラワーの品種

真っ白なカリフラワー。

カリフラワーはキャベツから変種し、ブロッコリーとは親戚関係にあります。

キャベツからカリフラワーが生まれた後も様々な品種改良が行われ、現代では実に多様な品種が存在します。

日本では白いカリフラワーがメジャーですが、海外では色の付いたものも需要を伸ばしているようです。

オレンジノカリフラワーのオレンジブーケ、紫色のパープルフラワー、黄緑色の連峰等、実にカラフルです。

この色つきの品種は見た目も華やかですが、栄養価も通常のものより高いです。

例えば、紫色のものにはブルーベリーにも含まれる紫色素のアントシアニンが含まれ、筋疲労を抑制や疲れ目の予防等に効果があります。

オレンジのカリフラワーには、カロテンが通常の品種の25倍も含まれており、ガン予防や美容に高い効果が期待されます。

これらの色つきの品種は「レインボーカリフラワー」と呼ばれ、イギリスでは人気を博しているようです。

鮮やかな色のカリフラワーは食欲を旺盛にする効果もあり、従来の淡白で真っ白なイメージは覆しつつあるようです。