ミニカリフラワー

カリフラワーの収穫量は少なく、土地利用効率がとても悪いです。

カリフラワーやブロッコリーは育てるには広い土地が必要なため育てづらく土地利用の効率を悪くしています。

ブロッコリーは頂花蕾を収穫後、側花蕾を収穫できるため一度に複数回収穫できます。

しかし、カリフラワーは頂花蕾のみの一回しか収穫できないためブロッコリーに比べて収穫量が少なくなっています。

そのため土地利用効率を高めるためイギリスでは手の平サイズのミニカリフラワーが古くから利用されています。

普通のカリフラワーに比べ、ミニカリフラワーは短期間で育てることができるのも土地利用効率を高くしています。

ミニカリフラワーは、鉢植えでも育てることができるため、ご家庭でも手軽に育てることができます。

味は通常のカリフラワーよりも硬く食感が違います。

品種によっては瑞々しく生のまま食すこともでき、小さいため丸ごと茹で食べることもできます。

栄養もビタミンCが大量に含まれており栄養満点です。