カリフラワー収穫量日本一の徳島県

カリフラワー日本一の生産高を誇る徳島県。

カリフラワーは水はけがよく、日当たりが良くなくてはいけません。

また寒すぎても暑すぎてもスグに病気になったり変色していますため大変デリケートになっています。

徳島の土壌と気候はそんなデリケートなカリフラワーにはピッタリだったようです。

徳島の農家の方の努力もカリフラワーの栽培には欠かせません。

カリフラワーと言えば白い花蕾ですが、この白さはホワイトアスパラガスのように、花蕾を太陽に当てないように一つ一つ遮光作業をして白くしています。

これは、花蕾の周りの葉で花蕾を紐でくくって行うのですが、徳島は日本一の生産高を誇るだけあって年に数万個分もこの作業を行います。

私たちの食卓に回ってくるカリフラワーには農家の方々の絶え間ない努力によって育てられているのです。

徳島県では、特産品のカリフラワーの生産、販売にも積極的です。

品種改良や栽培技術を向上させる工夫を行ったり、産地のPRを行うことで安全性を高めています。

徳島のカリフラワーは益々おいしく栄養満点になっていくでしょう。