カリフラワーのポタージュ

フランスの国王ルイ15世がカリフラワーが好きで、特にポタージュにしたものを好んで食べたそうです。

ポタージュは野菜をすり潰して入れるため素材の栄養を効率的に摂取することができるため、寒い冬に風邪対策としても優秀です。。

ここではカリフラワーのポタージュの作り方を簡単に紹介したいと思います。

材料は1人前でカリフラワーは100gに対して玉ねぎを50g程用意します。

カリフラワーは沸騰したお湯に通してアクを取り、玉ねぎは弱火で5分ほど火を通します。

玉ねぎが全体に火が通ってしんなりしたら茹でたカリフラワーを加えます。

全体的に火が通ったら水を200ccほど加えます。

ブイヨンかコンソメスープの素を入れ野菜が柔らかくなるまで煮込みます。

野菜が食べ頃になったら、一度火を止め粗熱を取ってミキサーに掛けます。

ミキサーでスープをドロドロにしたらスープを漉したものを鍋に戻し、牛乳か生クリームを適量入れます。

塩コショウで味を調えたらカリフラワーのポタージュの完成です。

歯の発達してない子供にもオススメのポタージュです。

また野菜の青臭さが苦手な子供も生クリームや牛乳の量を調整して味を調えれば食べやすいでしょう。

栄養満点で離乳食にも向く、ポタージュで温まっては如何でしょうか?