カリフラワーの人気

カリフラワーは、どんな料理にも合うことからホワイトアスパラガス、セロリとともに西洋野菜の「三白」と言われています。

カリフラワーは独特の食感があり、癖のないあっさりした風味なので、西洋料理だけではなく中華でも和風でも幅広く利用できます。

また真っ白なカリフラワーは食卓を彩り、高級感を演出してくれるため人気があります。

最近はカラフルな色のついたカリフラワーが登場したことで更に料理のバリエーションが増えています。

近年ではブロッコリーに生産量も人気も取って代わられていましたが、アメリカでアンチエイジング効果のある食材として注目されています。

また、ガン予防に効果のある食材として紹介され、カリフラワーの需要は再び伸び始めています。

ブロッコリーに生産高で負けている原因の一つに、カリフラワーは遮光作業をしなければならないのがあります。

これは、カリフラワーを真っ白に育てるためには、花蕾を太陽光に晒されないように葉で包まなければなりません。

これがブロッコリーに比べ手間が掛かるため、生産高は年々減少していました。

しかし、最近は、品種改良によってこの手間を解消する品種も現れ始め、カリフラワーの供給が伸び始めています。

カリフラワーはこれからも食卓には欠かせない食材となるでしょう。