カリフラワーのジュース

人々の健康志向が高まる昨今、野菜を積極的に取ることが求められています。

厚生労働省は成人男性一人当たり、350g以上の野菜を食べることを奨めています。

平均的なカリフラワーが一房500g程なので、カリフラワーを3分の2ほど食べれば350gの野菜を摂取できます。

しかし、カリフラワーを3食に分けてとは言え、1日で350g食べるのは少々難しいかもしれません

そこでミキサーでジュースにしてみては如何でしょうか?

飲むだけであれば朝の忙しい昼食の時間でも短時間で摂取できますし、過熱などによって素材の栄養分が失われることもありません。

市販のものとは違いご家庭でジュースを作る場合は、野菜の搾り滓がどうしてもドロっとした食感になってしまいます。

市販の野菜ジュースではこの搾り滓は飲み心地が悪くなるためこれを取り除いていますが、この搾り滓にこそ野菜の栄養素の大部分は存在しています。

子供などは大人との味覚の違いからどうしても野菜の青臭さが苦手な子も多いようです。

これは子供の方が味蕾が多いからだとされています。

野菜の青臭さがどうしても気になる場合はカリフラワーのジュースを作る際にレモンやリンゴを入れていては如何でしょうか?

レモンはさっぱりとした風味をつけ、リンゴの甘さと風味はカリフラワーの青臭さやエグミを中和してくれます。

皆様も、カリフラワーのジュースで健康な体作りはじめてみませんか?