ロマネスコカリフラワー

皆様が普段目にしているカリフラワーは真っ白で花蕾が丸い形のものだと思いますが、一風変わった形の品種が存在します。

それがロマネスコタイプと呼ばれる品種です。

ロマネスコとはイタリア語で「ローマのカリフラワー」を意味する言葉から来ています。

このロマネスコは、花蕾がらせん状のほら貝のような形をした品種です。

ロマネスコはカリフラワーとブロッコリーの間に位置する植物とされています。

花蕾のつけ方などはカリフラワーに近いですが、味や色はブロッコリーに似ています。

また、カリフラワーほどデリケートではなく病気や高温低温にも強く、収穫期の幅も広いです。

このように中間的に位置しながらブロッコリーのような性質を多く持つため、分類状はカリフラワーに位置しながらもブロッコリーの一種と思われることが多いようです。

カリフラワーとブロッコリーの交配種であるブロッコフラワーは「グリーンカリフラワー」と呼ばれています。

しかし、この名称はロマネスコの別名でもある為、しばしば混同され誤って認識してる人も多いようです。

一風変わった見た目のロマネスコ、一度ご覧になってみては如何でしょうか?