カリフラワーのカレー

カレーとカリフラワー。

一見するとさっぱりとして淡白な見た目のカリフラワーと濃厚でスパイスの利いたカレーは全く合わないように見えます。

しかし、この2つは意外なほど相性がよく、様々なレシピが存在します。

インドでは宗教の関係上ベジタリアンが多く、カリフラワーはベジタリアンの間で最も消費される野菜の一つとされています。

カリフラワーはあっさりとして癖がなく、過熱して調理すると食感が独特になります。

そのためジャガイモの代用品としてカレーに入れる方もおり、カレーとの相性が良いようです。

インドではカレーや炒め物等に混ぜて食べることも多く、日本よりもポピュラーになっています。

また欧米ではピクルス作りで、唐辛子などの香辛料の変わりにカレー粉を入れることでカリフラワーのカレーピクルス等も作られています。

カレーの調理の過程でカリフラワーを入れても良いのですが、茹でたものをカレーライスに盛り付けるのも見映えも良くなります。

スパイスの利いたカリフラワーは如何でしょうか?