カリフラワーを生食

カリフラワーは硬く生のまま食べるのは難しいと思われるかもしれません。

しかし、西洋では生のままサラダに入れて食べることも多く、初めて海外で生のまま食卓に出たのを見たら日本の方は戸惑うかもしれません。

生のカリフラワーは茹でたものとはまた違った風味と食感があるため一度生で食べてみては如何でしょうか?

ここでは生のまま食べやすくするレシピを紹介したいと思います。

日本人と外国人では食文化の違いから生のまま食べるのは硬くて少々難しいかもしれません。

これは食パンとフランスパンなど、日本人と欧米人では好まれる食材の硬さが違うことを原因としています。

これから紹介するカリフラワーのレシピは日本人の口にも合うように、お子様や年配の方にも食べられるものです。

まず、カリフラワーは新鮮で変色してないものを用意しましょう。

小房に切り分け、全体的に細かく千切りにします。

刻んだものに酢と塩を加え全体に馴染ませます。

カリフラワーにはアクがあるので、酢を加えることによってアクを抑えるため20分ほどしっかり馴染ませましょう。

しっかりと馴染んだら完成です。

お好みで醤油やドレッシング、マヨネーズなどを掛け食べましょう。

カリフラワーは癖がないためどのような味付けをしても合います。