カリフラワーのぬか漬け

ぬか漬けは日本を代表する漬物の一つでカリフラワーのような西洋野菜で作られるのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

ぬか漬けはどんな野菜でもすることができ、地方によっては果物やチーズなどでぬか漬けを作ってる方もいらっしゃります。

カリフラワーは風味があっさりして癖がないため、漬物に向いている食材です。

またカリフラワーは食物繊維が豊富なため硬く食べづらいですが、ぬかに入れることによって柔らかく食べやすくなります。

ここではカリフラワーのぬか漬けの作り方を簡単に紹介したいと思います。

新鮮なカリフラワーを用意し、小房に切って茹でます。

ぬか漬けに使うために茹でるのでカリフラワーは硬めに茹でスグに鍋から出すと良いでしょう。

市販のぬか床を用意し、茹でたカリフラワーをぬかに埋めるように漬け、冷蔵庫に1日ほど漬け込めば完成です。

ぬか床は丁寧に手入れをすれば繰り返し使えるので大変経済的です。

また普通は硬くて食べられないカリフラワーの茎部分もぬか漬けにすれば柔らかく食べられるため食材の無駄を省けます。

一度カリフラワーのぬか漬けをしてみては如何でしょうか?