2012年 11月

生では食べづらいカリフラワーなどの野菜もスープに入れることによって柔らかく食べやすくなります。

またスープには野菜の持つミネラルやビタミンが溶けて無理なく摂取することができます。

最近ではスープダイエットと言うものが話題になっており、健康だけではなく美容にもいいと注目されています。

カリフラワーは食物繊維が豊富でビタミンCも大量に含まれています。

そのため、美容に努力を欠かさないご婦人の方々にはとっても魅力的な食材です。

ここではそんな美容食材カリフラワーのスープを簡単に作れる作り方を紹介したいと思います。

まず、カリフラワーを小房に切り分けて沸騰させたお湯を入れた鍋に入れ茹でます。

このときカボチャなどをお好みで一緒に茹でても良いでしょう。

カボチャも栄養価が高く、カリフラワーにはほとんどないビタミンEが豊富です。

別の鍋で沸騰させたお湯にコンソメの素を入れ、茹でたカリフラワーを入れたら10分ほど弱火で煮立たせます。

カリフラワーが十分に柔らかくなったら塩コショウで味を調え完成です。

美容と健康のために、カリフラワーのスープは如何でしょうか?
ぬか漬けは日本を代表する漬物の一つでカリフラワーのような西洋野菜で作られるのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

ぬか漬けはどんな野菜でもすることができ、地方によっては果物やチーズなどでぬか漬けを作ってる方もいらっしゃります。

カリフラワーは風味があっさりして癖がないため、漬物に向いている食材です。

またカリフラワーは食物繊維が豊富なため硬く食べづらいですが、ぬかに入れることによって柔らかく食べやすくなります。

ここではカリフラワーのぬか漬けの作り方を簡単に紹介したいと思います。

新鮮なカリフラワーを用意し、小房に切って茹でます。

ぬか漬けに使うために茹でるのでカリフラワーは硬めに茹でスグに鍋から出すと良いでしょう。

市販のぬか床を用意し、茹でたカリフラワーをぬかに埋めるように漬け、冷蔵庫に1日ほど漬け込めば完成です。

ぬか床は丁寧に手入れをすれば繰り返し使えるので大変経済的です。

また普通は硬くて食べられないカリフラワーの茎部分もぬか漬けにすれば柔らかく食べられるため食材の無駄を省けます。

一度カリフラワーのぬか漬けをしてみては如何でしょうか?
カリフラワーは硬く生のまま食べるのは難しいと思われるかもしれません。

しかし、西洋では生のままサラダに入れて食べることも多く、初めて海外で生のまま食卓に出たのを見たら日本の方は戸惑うかもしれません。

生のカリフラワーは茹でたものとはまた違った風味と食感があるため一度生で食べてみては如何でしょうか?

ここでは生のまま食べやすくするレシピを紹介したいと思います。

日本人と外国人では食文化の違いから生のまま食べるのは硬くて少々難しいかもしれません。

これは食パンとフランスパンなど、日本人と欧米人では好まれる食材の硬さが違うことを原因としています。

これから紹介するカリフラワーのレシピは日本人の口にも合うように、お子様や年配の方にも食べられるものです。

まず、カリフラワーは新鮮で変色してないものを用意しましょう。

小房に切り分け、全体的に細かく千切りにします。

刻んだものに酢と塩を加え全体に馴染ませます。

カリフラワーにはアクがあるので、酢を加えることによってアクを抑えるため20分ほどしっかり馴染ませましょう。

しっかりと馴染んだら完成です。

お好みで醤油やドレッシング、マヨネーズなどを掛け食べましょう。

カリフラワーは癖がないためどのような味付けをしても合います。
マリネとは酢漬けの一種です。

カリフラワーのマリネはカリフラワーの白さも維持できるため見た目も楽しませてくれます。

ここではカリフラワーのマリネの簡単な作り方を紹介したいと思います。

まずマリネの漬け汁を作ります。

マリネの漬け汁は各家庭で様々なバリエーションがあるため、ここでは簡単なものを紹介します。

漬け汁の材料は酢100cc、水カップ1/2、塩一つまみ、コショウ少々、ローリエ1枚を用意します。

まず漬け汁の材料を鍋に入れ2分ほど煮立たせ粗熱を取ります。

次にカリフラワーを小房に切り分け熱湯で3分ほど茹でます。

漬け汁が冷えたらボールに移し、茹でたカリフラワーを混ぜ合わせます。

全体にしっかりと漬け汁が絡まったら冷蔵庫で半日ほど漬けて完成です。

味が馴染んだカリフラワーはそのまま食べてもいただけますが、サーモンやエビを絡めて食べてもマッチします。

サッパリとした酸味と香辛料の旨みが素材の味を引き出すマリネ、今晩のおかずに如何でしょうか?
カリフラワーにはミカンの2倍ものビタミンCが含まれています。

ビタミンCはコラーゲンの生成にも深く関与しており、美肌効果や体の免疫力を高めてくれます。

ビタミンCはビタミンEと摂取することで相乗効果が発生すると言われています。

ビタミンEは豆類や青魚、マヨネーズに多く含まれています。

ビタミンEは血行を良くし、アンチエイジング効果があるとされています。

そしてビタミンCはこのビタミンEを活性化する作用があるため同時に摂取することで無駄なく吸収されるのです。

またカリフラワーとマヨネーズは栄養面だけではなく、味としても相性がいいです。

カリフラワーは淡白な味わいで硬く、エグミがあるものもあります。

しかしマヨネーズに絡めることによって味わいがまろやかになり食べやすくなります。

カリフラワーはマヨネーズと絡めることによって他の食材とも合わせやすくなるため料理の幅が広がります。

カリフラワーは魚介類とも合うためマヨネーズで和えて炒めても良いかもしれません。

カリフラワーを食べる際はマヨネーズをお供にしては如何でしょうか?
カリフラワーは、あっさりとして癖のない味に独特の食感がありますが、それだけで食べるには少々食傷気味かもしれません。

ドレッシング等を掛けて食べるとおいしく頂けますがドレッシングを掛けるとカリフラワーが冷めてしまい折角の風味が落ちてしまいます。

そこで、カリフラワーにバーニャカウダを付けて食べるのも良いでしょう。

バーニャカウダとはピエモンテ語で「温かいソース」を意味し、その名の通り野菜やパンを熱いソースに浸して食べる料理のことです。

バーニャカウダには魚介類が主に使われます。

カリフラワーは魚介類とも相性がいいため、バーニャカウダはカリフラワーにとてもマッチします。

ここではカリフラワーに合うバーニャカウダの作り方を紹介します。

まず、ニンニクを一つ、アンチョビ40g、オリーブオイル100cc、牛乳少々、生クリーム大匙2を用意します。

鍋に細かく刻んだニンニクと牛乳を入れニンニクが柔らかくなるまで煮込みます。

別の鍋にオリーブオイルを入れ、柔らかくなったニンニクを潰して入れます。

次にアンチョビを細かく切り刻んだものを鍋に入れ全体に満遍なく混ざるまで潰すように混ぜます。

全体的に滑らかになったら生クリームを入れ完成です。

温かいうちにカリフラワーを浸して食べるといつもと違った味が楽しめます。

バーニャカウダでいつもと違ったカリフラワーは如何でしょうか?
カレーとカリフラワー。

一見するとさっぱりとして淡白な見た目のカリフラワーと濃厚でスパイスの利いたカレーは全く合わないように見えます。

しかし、この2つは意外なほど相性がよく、様々なレシピが存在します。

インドでは宗教の関係上ベジタリアンが多く、カリフラワーはベジタリアンの間で最も消費される野菜の一つとされています。

カリフラワーはあっさりとして癖がなく、過熱して調理すると食感が独特になります。

そのためジャガイモの代用品としてカレーに入れる方もおり、カレーとの相性が良いようです。

インドではカレーや炒め物等に混ぜて食べることも多く、日本よりもポピュラーになっています。

また欧米ではピクルス作りで、唐辛子などの香辛料の変わりにカレー粉を入れることでカリフラワーのカレーピクルス等も作られています。

カレーの調理の過程でカリフラワーを入れても良いのですが、茹でたものをカレーライスに盛り付けるのも見映えも良くなります。

スパイスの利いたカリフラワーは如何でしょうか?
ババロアと言うと日本では甘いデザートと思われていますが、野菜や魚のババロアがオードブルなどに出されることもあります。

ここでは、カリフラワーのババロアの作り方を紹介したいと思います。

用意するのはカリフラワー100gにコンソメスープの素、生クリーム100cc、それにゼラチンです。

ババロアは一見すると難しそうですが作り方はとても簡単です。

まず鍋にカリフラワーと水を入れ柔らかくなるまで煮ます。

カリフラワーが柔らかくなったらコンソメスープの素を適量入れ火を止めて粗熱を取ります。

粗熱が取れたらスープをカリフラワーと一緒にミキサーに掛けます。

ミキサーに掛けたものに生クリームを適量入れゼラチン小さじ1程を溶かしたものを混ぜたら、型に注ぎ冷蔵庫で2時間ほど冷やしましょう。

食べるときは型から取り出しお皿に盛り付けて食べましょう。

カリフラワーは魚介系の食材ともマッチするため、エビやいくら等を付け合せると見た目も華やかになり一味違ってきます。

さっぱりとしたカリフラワーのババロア、今晩のおかずに如何でしょうか?
皆様が普段目にしているカリフラワーは真っ白で花蕾が丸い形のものだと思いますが、一風変わった形の品種が存在します。

それがロマネスコタイプと呼ばれる品種です。

ロマネスコとはイタリア語で「ローマのカリフラワー」を意味する言葉から来ています。

このロマネスコは、花蕾がらせん状のほら貝のような形をした品種です。

ロマネスコはカリフラワーとブロッコリーの間に位置する植物とされています。

花蕾のつけ方などはカリフラワーに近いですが、味や色はブロッコリーに似ています。

また、カリフラワーほどデリケートではなく病気や高温低温にも強く、収穫期の幅も広いです。

このように中間的に位置しながらブロッコリーのような性質を多く持つため、分類状はカリフラワーに位置しながらもブロッコリーの一種と思われることが多いようです。

カリフラワーとブロッコリーの交配種であるブロッコフラワーは「グリーンカリフラワー」と呼ばれています。

しかし、この名称はロマネスコの別名でもある為、しばしば混同され誤って認識してる人も多いようです。

一風変わった見た目のロマネスコ、一度ご覧になってみては如何でしょうか?